早割の申込期間


運転免許取得の際に早割を利用したいのであれば、適用条件を前もってチェックしておかないといけません。早割という言葉だけに気が取られてしまい、肝心な条件の確認を忘れた結果割引を受けることができなければ、それだけ手間が無駄になるからです。そうならないようにするためにも、諸条件については前もって確実に頭に入れておきましょう。

早割に申し込むにあたってまず調べておきたいのが、申し込み期間です。仮に教習所に入校の手続きをしたとしても、早割の期間の対象外であれば割引適用されません。予約が可能な期間は、教習所で定めている取り決めによって異なります。早い場合ですと、希望入校日の1年前から手続きを行うケースもあります。この場合は、早割の適用を半年前ぐらいに設定しています。もし半年前から予約が可能であれば、2ヵ月前もしくは3ヵ月前に早割を締め切ると考えておく方が良いでしょう。人気の高い教習所ですと、受講希望者が集まり次第、手続きができなくなることもあります。そのように考えてみると、入校手続きを早めに済ませるのがおすすめです。

確かに早割は嬉しい特典であることには違いありません。しかし、どんなに金銭的に得するとしても、適用条件を満たしていないようでは意味がないのです。

<外部リンク>合宿免許ハンター

他サービスの併用と割引金額

運転免許取得のために教習所に入校する際、早割の特典を活用できれば有り難いことです。ただ、この割引を受けるにあたって、他のサービスと併用できるのかどうかという点も気になることでしょう。このルールについては、教習所によって違いがあるのですが、一般的なケースを押さえておけばまずは十分です。また、早割適用の場合、いくらぐらい割り引かれるのかも、重要なポイントです。

他のサービスとの併用については、基本的にはできないと考えるのが一般的です。教習所の割引サービスとしては、早割の他に紹介割りやグループ割りなど、多岐に亘ります。もし他の割引も同時に適用するとなれば、教習所としては大幅に割引することになり、採算が合わなくなる可能性もあるのです。そのため、割引の適用となる場合はいずれか一種類と規定を設けていることが多いと言えます。では、早割の割引金額はいくらぐらいでしょうか。これもスクールやコース次第ですが、相場としては約5000円です。教習にかかる費用合計から5000円分割り引くこともあれば、同価値分の金券が手渡されることもあります。いずれにしろ、キャッシュバックの方法も前もって確認しておきましょう。

どの割引サービスを活用し、どのような方法でキャッシュバックを受けるかは、自身の意思で決めることができます。ただし、その際の諸条件の確認を忘れないようにすることも大切です。